自動車・バイクの自賠責保険

自賠責保険は、自動車・バイクを運転する際に運行中に他人にケガをさせたり、死亡させたりした場合の対人賠償事故に対して補償するものです。運転者には加入が義務付けられており、未加入走行は免許停止処分や1年以下の懲役または50万円以下の罰金など法律で罰せられます。車検時には必ず加入するので心配はありませんが、250cc以下のバイクには車検がないので、自発的に加入が必要です。死亡補償限度額が3,000万円と低く、信号や車両などの対物補償がないことなど、実際に事故を起こすと自賠責保険だけでは賄えず、さらに任意の自動車保険に加入する方が一般的です。

自動車にはないバイクの魅力

生身の身体で風を切って疾走する爽快感や、林道や狭い峠でも自由自在に走行できるなど、自動車にはない魅力があります。バイクは走っている間は会話ができないし退屈だ、と思う方もいるかもしれませんが、今では数千円でインカムを購入することができ、ツーリング中も仲間や後部座席の同乗者と楽しく話をしながら走行することもできます。また、長時間乗っていると疲れる、という印象を持っている方もいるかもしれませんが、ビッグスクーターやツアラーと呼ばれるタイプであれば自動車ともそん色のない乗り心地です。生活に新たな刺激を求めているならば、バイクは打ってつけです。

新着情報

↑PAGE TOP